ドムンアン空港からバンコク市内に向かう3つの方法ドムンアン空港からバンコク市内に向かう3つの方法

バンコク滞在中のノマドエンジニア@dorarepです!

初めて行く国において一番最初の関門が空港からホテルへ行くことではないでしょうか。

関連記事
バンコクでの2週間ノマド生活 - 初日

本当にたどり着けるのかっていう不安とぼったくられるんじゃないかって人間不信で、空港でドギマギしてしまいますよね。

そこで今回は、ドムンアン空港からバンコク市内に向かう方法と、その行き方を紹介したいと思います!

ドムンアン空港からバンコク市内に向かう3つの方法

Taxi

  • 初乗り35バーツ
  • 空港から出るために、空港使用税50バーツ取られる
  • 高速道路に乗ると、その分の代金が取られる
  • 空港からフアランポーンのあたりまで高速道路込みで約350バーツ(高速代が130バーツでした)
  • 空港からフアランポーンのあたりまで高速道路込みで約20分

もちろん場所によって大きく変わりますが、タクシーでの移動はこんな感じになります。

日本の感覚からすれば価格も高くないので、やはりタクシーは無難な選択肢になります。

とくにただでさえ飛行機の疲れもあるなかで、キャリーバックをもって長い距離を移動するのは大変です。

ホテルまで一発でいけるタクシーは快適な旅行をする上では1番良い選択だと思います。

GrabTaxi

ちなみに東南アジアではもはやお馴染みのアプリですが、「GrabTaxi」でタクシーを呼びだすことができます。

ひとことでいうと、東南アジアで使えるUberといったところでしょうか?

アプリで目的地を入れるだけで、近くにいるドライバーが自分のところにまで来て、目的地まで連れて行ってくれます。

特にこの辺りに住んでいる方でGrabTaxiを使っていない人はみたことがないというほど、長期滞在には必須アプリです。

  • 会話不要
  • クレジットカード決済可
  • 事前に値段が表示されるのでぼったくられる心配がない
  • 予約しておくこともできる

GrabTaxiの値段

ちなみに値段はメータータクシーと比べて安いわけではないようです。

空港にはタクシーが常に止まっているため、空港のタクシーに不安がないかたは無理に使う必要はないとは思います。

GrabTaxiの注意点

当たり前ですがインターネットに繋がっていないと使うことができません。

WiFiスポットがすぐに見つかるわけではないため、Grabを多様していくのであればポケットWiFiやSimで電波を確保しておいたほうが良いでしょう。

GrabTaxiは必須?

一方で市内に出てからタクシーを呼び出す場合はすぐにタクシーが見つからない可能性もあるため、いざというときのためにアプリを落としておいたほうが安心かもしれません。

ただ深夜3時ごろに市内でタクシーを探してもすぐに見つかったため、都心であればそこまで心配しなくても大丈夫だとは思います。

Railsway

Railwayは地上を走る電車です。

タイ市内での移動といえば地下鉄のMRTや高架鉄道のBTSですが、地上を走る電車が空港と市内を繋いでいます。

1952年にできた歴史のある鉄道のためどうしても古くさいところはありますが、費用を抑えながら空港から市内に移動する手段としては一番のオススメです。

一度Railwayで市内に出てからタクシーやMRTに乗り換えることで、だいぶ費用を抑えることができるでしょう。

値段

5バーツ(約20円)という圧倒的安値で、終点フアランポーン駅まで向かうことができます

タクシーやバスで全て移動するより1回Railwayを使って市内に出てからタクシーや地下鉄(BTS)で移動したほうがおトクという安さです。

時間

終点フアランポーン駅までは約40分ほどで到着します

1時間に1~2本しか出ていないため、乗りすごしなどには注意が必要です。

乗り方

ドムンアン空港を出てすぐの道路のさきに線路及びドムンアン駅があります。

そのドムンアン駅に行くには2階から空港と駅とそのさきにあるホテルをつなぐ通路をわたって行く必要があります。

A1などのあるバス停のあたりに通路があり、ここから上がっていくことができます。

通路の途中にある下り坂をおりると、ドムンアン駅です。

奥にチケットカウンターがあるため、そこでチケットを購入しましょう。

電車の中は古めかしく、監獄みたいだなという印象をうけました笑

そこまで人がいるわけではないので、基本座れると思います。

降りるときにボタンを押して扉を開けて線路の上に飛びおりないといけないことがあったため、慌てて乗りすごしてしまわないよう注意してください。

閉まるのも早いため、混乱しているあいだに出発してしまいます。

私は帰りの空港で乗り過ごしてしまって、危うく帰りの飛行機に乗り遅れるところでした…。

(次の駅からタクシーで空港に向かいました)

というわけで、時間に余裕があるときに使いましょう笑

関連記事
バンコクでの2週間ノマド生活 - 初日

Airport Bus

空港からでているバスがAirport Busになります。

観光で初めてバンコクにきた人が使うには敷居が高いところもありますが、安く市内にまで向かうことができます。

A1からA4まで種類があり、それぞれ行きさきと値段、到着頻度が異なります。

いつ到着するかわかりませんし渋滞もありえるため、ホテル到着時間はちょっと余裕もって見積もることをオススメします。

車内

乗車してしばらくすると、集金の人が回ってきます。

周りがお金を払いだしたなと思ったら、お金を払う準備をしておいてください。

また時間帯によりますが車内は混雑していることもあります。

したがって大きいキャリーバックを持って乗りこむと邪魔になってしまうかもしれません。

乗るときはバックパックぐらいの身軽な格好がオススメです。

路線

  • A1 Don Muang Airport – Mochit BTS – Mochit 2 / Northeastern Bus Terminal
  • A2 Don Muang Airport – Mochit BTS – Saphan Kwai BTS – Ari BTS – Sanam Pao BTS – Victory Monument
  • A3 Don Muang Airport – Ratchadamri BTS
  • A4 Don Muang Airport – Ban Phra Athit – Sanamluang Bus Terminal

A1

  • 30バーツ (約100円)
  • 5分おき
  • 7-24時
  • Mochit行き

移動時間は交通状況にも左右されますが、渋滞してるときは終点のMochitまで40分ぐらいかかりました。

5分おきに出ていて一番頻度も多いため、一番乗りやすいバスです。

A2

  • 30バーツ (約100円)
  • 30分おき
  • 7-24時
  • ビクトリーモニュメント行き

A3, A4

  • 50バーツ (約170円)
  • 7-23時
  • A3 Lumpini Park行き
  • A4 Sanarnluang行き

まとめ:ドムンアン空港からバンコク市内に向かう3つの方法

  • 価格の安さ:Railway>Airport Bus>Taxi
  • 速さ:Taxi>Railway>Airport Bus
  • 移動の難易度:Airport Bus>Railway>Taxi
  • 快適さ:Taxi>Railway>Airport Bus

というわけで、安さを狙うならRailwayを、お金を払って快適にいきたいならタクシーをオススメします!

と言ってもたかだか数百円の違いなので、ほとんどの人はタクシーを選ぶと思います。

しかし旅において難しいことを達成したときの快感は、他には変えがたいものです。

あえてAirport BusやRailwayに挑戦して、ちょっとした冒険気分を味わってみるのもまた面白いのではないでしょうか?

ただ空港からホテルに行くだけでも、大冒険の気分をあじわえますよ!